早川周作 プロフィール



【早川周作(琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社 代表取締役)】


大学受験直前に家業が倒産、

父親が蒸発し家財をすべてを失い無理心中寸前まで追い込まれるが、

前向きな上昇志向で、大学進学を目指して上京。


朝の新聞配達から深夜の皿洗いまでアルバイトをして、

学費を作り明治大学法学部に進学。


大学在学中の20代前半から、学生起業家として数多くの

会社の経営に参画して活躍する。


その後、元首相の秘書として約2年間勉強し、

28歳で国政選挙に出馬、次点。


経営者に戻ってからは「日本のベンチャーを育てる」

という意志の下、日本最大級の経営者交流会を全国で主催。


著書として『人生が変わる!「夢・実現力」』

『小さい夢から始めよう。』がある。


経済紙、新聞その他のメディア露出多数。


 2012年10月より2013年3月まで、

日本経済新聞の子会社、ラジオNIKKEIで

全国ネット冠番組

「タイムリー・トークショー早川周作Co-Lab」

に出演。

30分の番組内では時事ニュースへのコメント

やHISの澤田秀雄会長その他の有名経営者、

また現職大臣、知事等を迎え時事対談を繰り広げた。


20182月、沖縄から卓球のプロリーグである

Tリーグに参戦する「琉球アスティーダ」、

卓球スクール、飲食店等を運営する

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社を設立し、

代表取締役に就任。


業種業界を超えた幅広い分野で活躍している。